読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミフミ草子絵巻

読んだ本とか覚え書き

「芸術起業論」「おしゃ家ソムリエ おしゃ子!」

最近読んだ本〜

f:id:funbo-oyado:20160917201241j:image

「芸術起業論」
すっばらし〜本でした。
芸術の本場、欧米のルールを踏まえて戦略的に作品の制作、発表といったマーケティング論。
現代アートってよくわからないし、特に村上隆さんの、強烈な(というか衝撃的すぎる⁉︎)フィギュア作品の魅力が、さっぱりわからなかったのですが、この本を読んで認識が180度変わりました。ビジネス書としてもおすすめです。

 

「おしゃ家ソムリエ おしゃ子!」
おしゃ子がさまざまなインテリアの男子をぶった斬るといった、あるあるネタに禿同。

最近読んだ本

図書館で予約して、3ヶ月待ってやっと借りれた本。

f:id:funbo-oyado:20160626181016j:image

 

「幹事のアッコちゃん」

「ランチのアッコちゃん」→鍋にこびりついたカレーをこそぎ落とし、ドライカレーを作る描写

「3時のアッコちゃん」→アールグレイの香りとポットの茶葉のジャンピング、さくさくのスコーンのバターの香り

といった前作までにあった、おいしそうでよだれが出そうな、シズル感が今回はあまりなかった印象。シリーズ最終(たぶん?)のまとめを優先したためなのかも。

 

「フランス人は10着しか服を持たない 2」

ちなみに「フランス人は10着しか服を持たない」というのは邦題で、原題は「私がマダム・シックから学んだこと」。

なので、実際は10着以上服を持ちつつ、ラグジュアリーな生活を提案する内容です。当初タイトル詐欺かと思ってました…

 

「僕は明日、昨日のきみとデートする 」

話題作らしいので、読んでみました。

お家ピクニック?

ブログ

最近の週末は、ひきこもりアウトドア?

ポジティブに言えば、お家ピクニックをしてました。

f:id:funbo-oyado:20160619202234j:image f:id:funbo-oyado:20160619202244j:image

女子力チャージ!!

インテリア・雑貨

日々、自宅で殺伐と仕事をしているので
最近は意識して女子力をチャージするようにしています。

 

がま口ポーチ

macbookの周辺機器(HD、マウス、メモリー等)入れとして使ってます。
色はパープルを選びました。とてもかわいくて、お気に入り。

 f:id:funbo-oyado:20160616094043j:image

けっこう収納力あり。

 f:id:funbo-oyado:20160616094047j:image

 

そして、昨日は久しぶりに外でランチをしてきました。

f:id:funbo-oyado:20160616094155j:image

素敵なお庭〜

f:id:funbo-oyado:20160616094201j:image

f:id:funbo-oyado:20160616094210j:image

f:id:funbo-oyado:20160616094220j:image

f:id:funbo-oyado:20160616094250j:image

店内もかわいい〜

f:id:funbo-oyado:20160616094230j:image

野菜たっぷりな女子受けメニュー

f:id:funbo-oyado:20160616100255j:plain

骨つき肉うまうま

f:id:funbo-oyado:20160616100254j:plain

インテリアも食器もかわいくて、物欲がわきそうになりました。

REIGN/クイーン・メアリー

映画・アニメ・映像

最近は海外ドラマの「REIGN/クイーン・メアリー」を観てます。

 
実在したスコットランドの女王、メアリー・スチュアートをもとにした物語で、
 
「ファッション」「オリジナルキャラ」「音楽」など、史実からかなり現代的にアレンジされていますが、逆にそれが魅力的で、観やすくておもしろいです。
 
日本の少女漫画からもインスパイアされているらしいです。
 
アマゾンビデオやHuluにUPされてないので、ツタヤでこまめにレンタルしていにます。
 

ルドルフとスノーホワイト

子供の頃から大好きな「ルドルフとイッパイアッテナ」シリーズの4作目が、出てたことに気付き借りてきました。

 
f:id:funbo-oyado:20160423191323j:image
 
1作目から25年以上経っているはずなのに、この話の中では2年半しか経っていないのがビックリでした。
 
f:id:funbo-oyado:20160423192853j:image
 
お馴染みの、ルドルフと熱い仲間たちのドタバタ人(猫!?)情劇といった感じで、ホントにおもしろくてあっという間に読破しました。
 
挿絵もユーモラスですごく魅力的です。
 
f:id:funbo-oyado:20160423192817j:image
 
新キャラの猫たちも続々と登場し、みんないい味だしてます。
 
特に女番長のたまに乙女なスノーホワイトが素敵。
 
「教養」と「仁義」のもとに、ルドルフたちの成長、続編が楽しみです。前作もまた読み返したくなりました。