フミフミ草子絵巻

読んだ本とか覚え書き

注文の多い料理店

OTOyomu」サイトにて
注文の多い料理店」の表紙を制作しました。

FUMINA☆BLOG2 〜猫とグラフィックデザインと私〜

出来るだけ忠実に制作するために、本編の描写で
「二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、
白熊のような犬を二疋つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを...
立派な一軒の西洋造りの家... 玄関は白い瀬戸の煉瓦で組んで、実に立派なもんです。
そして硝子の開き戸が...」の部分をもとにイメージを膨らませて描きました。


〜まめ知識☆「山猫軒」のモデルが2説ある!?〜

1. 一般的には花巻にあった西洋レストラン「精養軒」

2. 生誕100年祭のころから浮上してきた説が、
  花巻の隣りの北上市臥牛という所にある中村正巳さんのお宅。

う〜ん見てみると、どちらもそれっぽい。
ちなみに、宮沢賢治の記念館駐車場の中に「WILDCAT HOUSE 山猫軒」というお店が実在します。


普遍的な魅力を放つ宮沢賢治
こんなにも評価されていて、学校でも習うくらいなのに
生前は評価されずに亡くなられたのが残念です。
(特に本が売れなくて、自己買い取りしたなんてあんまりだ。)

なんてたって、今や電子書籍としても人々に愛されてるなんて本人びっくりだよなぁ〜と思う。


完成してからふと見たら、
絵の中の山猫さんがマオとルビを足して2で割ったみたいだった。